PR

産経WEST 産経WEST

【衝撃事件の核心】高温車内に1歳男児を放置、死亡させた男女の不可思議な関係…判決後男は驚きの行動

Messenger

検察官に中指立てて退廷

 男児が死亡した当時、車内温度は午前10時に30度を超え、正午には39度に達していたとみられる。車の窓は閉めきられており、男児だけでなく、女児も生命の危機にあった。そんな中、2人は午前10時ごろにルームサービスを注文するなど、ラブホテルでの時間を過ごしていた。

 「幼い子供が暑い車内で苦しんでいるとき、自分たちだけ安穏と過ごす言語道断の犯行」。検察側は厳しい言葉で非難し、懲役9年を求刑した。

 2月13日の判決公判。増田啓祐裁判長は、男と2児は血縁関係などにないものの、女との生活で支配的立場にあり「子供の生活を左右できる立場にあった」と認定。「子供が汗をかくなどの兆候があり、置き去りにする危険性は認識できた」として保護責任者遺棄致死罪の成立を認め、懲役6年6月を言い渡した。

 増田裁判長は量刑理由の説明で、男について「自己の犯行に向き合おうとせず、責任を逃れるような弁解を繰り返している」と指摘する一方、酌むべき事情として「反省の弁を述べている」を挙げた。

男は判決を不服として…

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ