産経WEST

【動画】東大寺「お水取り」籠たいまつの炎、幻想的に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
東大寺「お水取り」籠たいまつの炎、幻想的に

東大寺二月堂の舞台で振られる籠松明(長時間露光)=12日午後、奈良市の東大寺(宮沢宗士郎撮影) 東大寺二月堂の舞台で振られる籠松明(長時間露光)=12日午後、奈良市の東大寺(宮沢宗士郎撮影)

 奈良市の東大寺二月堂で12日、お水取りの名で知られる伝統の修行「修二会」にひときわ大きな籠たいまつが登場した。闇の中、幻想的に舞い散る火の粉に、参拝客から感嘆の声が上がった。

 たいまつは、厳しい修行に臨む僧侶「練行衆」の道明かりとして、本行が始まった1日から14日まで毎晩ともされる。このうち12日だけ、長さ約8メートル、重さは通常の倍近い約60~70キロとされる籠たいまつが登場する。

 この日は午後7時半すぎ、籠たいまつを担いだ付き人「童子」が、練行衆を導きながらお堂へ。石段を上り切ると、燃えさかる籠たいまつをお堂の欄干から突き出し、火の粉を降らせながら駆け抜けた。

 13日未明には、お水取りの由来となった、井戸から「お香水」をくみ上げて二月堂本尊の十一面観音に供える儀式があり、15日未明に満行を迎える。

このニュースの写真

  • 東大寺「お水取り」籠たいまつの炎、幻想的に
  • 東大寺「お水取り」籠たいまつの炎、幻想的に

「産経WEST」のランキング