PR

産経WEST 産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】DeNA高田GM笑み…大和ロス、守備センター早く固定せよ!

死球を受けたDeNAの大和。右は阪神のロサリオ =兵庫県西宮市の甲子園球場(山田喜貴撮影)
Messenger

 高田GMの笑みこそ金本阪神のアキレス腱(けん)をゾクリと刺しています。阪神はオープン戦連敗スタートですが、勝敗はともかく課題のセンターライン固定のメドが立ちません。金本知憲監督(49)はシーズンでも日替わり起用を示唆しました。一方で昨オフ、大和内野手(30)をFA獲得したDeNA・高田繁GMは阪神OBに「大和加入で絶大な効果がある」と笑みを浮かべました。大和-倉本-桑原でセンターライン固定のDeNAと大和流失の穴が埋まらない阪神…。シーズン成績に直結しないことを祈るばかりです。

■衝撃…高田GM「他選手が守備を学ぶ大和。将来、指導者になってほしい」

 大和の高い守備力を改めて痛感するシーンがありました。皮肉にも甲子園球場での阪神戦で。3月6日の阪神対DeNA戦の六回裏、0-3とリードされた阪神は1点を返してなおも一死二、三塁のチャンス。打者・中谷の打球は投手の左を襲う痛烈なゴロ。センターに抜ければ2走者がかえり同点になる場面でした。

 ところが、遊撃の大和は二塁ベースよりのゴロを余裕のプレーで捕球するや体を一回転させて一塁に送球。打者走者を楽々アウトにしました。結局、三塁走者だけがホームに。同点にできなかった阪神は九回にも失点して試合は3-5と競り負けたのです。

 「あのプレーが大きいよ。大和が余裕のプレーで打者を一塁でアウトにした。しかも同点を防いだんだ。DeNAのベンチや守っている野手も凄く安心感を覚えたはずだね。逆に阪神の選手たちは、あのプレーをどう見たのか。昨季まで大和が在籍していて、あのプレーを当たり前のように見ていただろう。それが失うどころか、優勝争いをするライバルチームに加わったんだ。この喪失感は計り知れないぞ

 観戦していたチーム関係者の言葉です。

 大和が加入した効果を実は阪神OBはDeNAの高田繁GMから直接、聞いていました。6日~7日と行われた甲子園球場でのDeNA戦。試合前にベンチ裏で高田GMと話をした阪神OBはこう証言したのです。

 「高田さんは『大和を獲れて良かった』と本当に笑顔だったよ。あの守備力はチームにとって非常に大きい…と。『大和の守備を他のプレーヤーが見て、勉強になる点も大きい。ウチで頑張って将来の指導者になってくれればいい』と話していたんだ。なんだかウチの選手だったのに悔しい気持ちになってしまった」

 大和は昨オフ、苦悩の末にFA宣言を行い、DeNAに移籍しました。契約条件は年俸1億円の3年契約といわれています。昨季、阪神では100試合に出場し、打率・280、本塁打1、打点16でしたが、DeNAが高く評価したのは打撃ではなく守備力。遊撃だけではなく二塁も外野ならどこでも守れる高い守備力を買ってFA獲得したのです。開幕戦のスタメン起用も間違いないでしょう。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ