PR

産経WEST 産経WEST

名鉄空港線、橋の上で停車 パンタグラフ破損

愛知県・知多半島と中部空港を結ぶ橋の上で、停電のため停車した回送電車=9日午前
Messenger

 9日午前6時35分ごろ、名鉄空港線の中部国際空港駅(愛知県常滑市)を新鵜沼駅(岐阜県各務原市)に向け発車した回送電車が、知多半島と中部空港を結ぶ橋の上で停電のため停車した。前から2両目の車両のパンタグラフが取れかかるほど破損しており、付近の架線も損傷していた。

 名鉄によると、中部国際空港駅を発車する前の点検では、異常は見つからなかった。常滑-中部国際空港間の上下線で終日の運転見合わせを決め、代替バスを運行している。

 損傷した架線を修理するためには、太田川(愛知県東海市)-中部国際空港間の電流を止める必要があり、本格的な復旧作業を行うのは終電後になる見通し。

▼【関連ニュース】結婚式! 間に合わない! 対岸の常滑駅、代替バスに長い列

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ