PR

産経WEST 産経WEST

【衝撃事件の核心】「1人オレオレ詐欺」で被害者宅にも宿泊、捜査員も驚く大胆な手口

Messenger

 息子を思う親心に付け込む手口は、10年前も今回の事件も変わらない。

 お金を必要とする大きな理由は覚醒剤だ。Aが潜伏していた堺市内のホテルの一室からは覚醒剤と吸引器が発見された。Aはその後、覚せい剤取締法違反(所持・使用)容疑でも再逮捕されている。

 一般にオレオレ詐欺などの犯人は、被害者と直接対面するリスクを最小限にするため、指示役、「かけ子」「受け子」と役割分担して組織性を帯びるのが普通だ。そのすべてを1人でこなしてしまえば、それだけ被害者と接触する機会も増え、摘発の危険も高まる。ましてや被害者宅に宿泊するなど大胆と言うほかない。

 もとから剛胆な性格なのか、覚醒剤の影響があったのかはよく分からない。ともあれ、女性をだましたことに反省の色は一切ないという。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ