産経WEST

【西論】25年万博誘致 大阪の未来 若者に委ねよ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【西論】
25年万博誘致 大阪の未来 若者に委ねよ

博覧会国際事務局(BIE)調査団が視察の大阪万博候補地「夢洲」。右手前は大阪府咲洲庁舎 =大阪市住之江区(本社ヘリから、志儀駒貴撮影) 博覧会国際事務局(BIE)調査団が視察の大阪万博候補地「夢洲」。右手前は大阪府咲洲庁舎 =大阪市住之江区(本社ヘリから、志儀駒貴撮影)

 アゼルバイジャンは首都バクーでの開催を計画。「人的資本の発展」をテーマに、洋の東西を結ぶ多文化都市としての特徴を生かし、教育や健康、労働の未来を打ち出すとしている。同国は近年、石油や天然ガスなど豊富な資源を生かして目覚ましく成長し、「第2のドバイ」とも称される新興国だ。万博誘致の狙いは国際社会に対する存在感のアピールにあるとみられており、財力を生かした活動は脅威となりそうだ。

 開催地は、11月に開かれるBIE総会で加盟170カ国の投票によって決まる。日本の誘致委員会や関経連は大票田のアフリカ(49票)などへのアプローチに力を入れてきたが、今後はフランスを推すとみられていた欧州(47票)などの国々の票も大きなカギとなる。このため、フランスの支持を取り付けられるか否かも、誘致の成否に影響しそうだ。

 ◆「任せる度量」示せ

 日本は「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに掲げ、飢餓や健康、教育、環境などの世界的課題解決に向けて国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」を人工知能(AI)などの先端技術を使って実現するため、万博を「生きた実験場にする」とアピールしている。昨年11月のBIE総会で行ったプレゼンテーションでは、支援を必要とする途上国からも手応えがあったという。

 京都市で今月開かれた、関西の企業経営者や学識者らが会して諸課題について議論する「関西財界セミナー」でも、万博誘致は重要テーマとして位置づけられた。分科会ではさまざまな意見や提案が出されたが、とりわけ経営者らの中に交じって参加した若者の言葉は示唆に富んでいた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 25年万博誘致 大阪の未来 若者に委ねよ
  • 25年万博誘致 大阪の未来 若者に委ねよ

関連ニュース

「産経WEST」のランキング