PR

産経WEST 産経WEST

【新燃岳噴火】宮崎県、噴火警戒で連携…活発な状態続く

Messenger

 宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(1421メートル)で爆発的噴火が続いていることを受け、宮崎県は7日、県庁で会議を開き今後の対応を話し合った。収穫期を迎えた特産のシイタケに被害が生じ始めていることなどを報告。各部局が連携を深めて警戒に当たることを確認した。鹿児島空港(鹿児島県霧島市)では午後6時段階で定期便14便が欠航した。

 気象庁によると、新燃岳は同日午後も数多くの火山性地震を観測し、活発な状態が続いた。火口から大きな噴石が約700メートル飛び、噴煙は火口から約3千メートルの高さに達した。地下でマグマが供給されている可能性が高いが、噴火警戒レベルは3(入山規制)を維持した。

 新燃岳では1日午前から、ごく小規模な噴火が発生。県の会議では、6日に観測した7年ぶりの爆発的噴火までに、麓の自治体でマラソン大会などのイベント中止が相次いだことも報告された。今後の風向き次第で宮崎空港の発着便にも影響が生じうるため、県は警戒を強めている。

 気象庁で7日取材に応じた東京大地震研究所の中田節也教授(火山地質学)は「2011年の爆発的噴火では噴石が3キロ以上飛び、今回も同レベルの飛散を想定する必要がある。空振で窓ガラスが割れることや、大雨による土石流にも警戒が必要」と指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ