PR

産経WEST 産経WEST

給食サラダに釣り針混入 けが人なし 高知・四万十

Messenger

 高知県四万十市の小学校で、2月に提供された給食のサラダに釣り針が混入していたことが7日、市教育委員会への取材で分かった。児童にけがはない。調理の過程では目視などを徹底しており、原因は未特定として保護者に説明し、謝罪した。今後は小型の金属探知機を導入するなどの対策を取る。

 市教委によると、2月22日、同市東山小の給食に長さ1・2センチの釣り針が混入していた。4年の児童がサラダを食べた際に気付いてはき出した。サラダには昆布やかつお節が入っていたが、製造過程で釣り針が混入する可能性はほとんどないという。

 給食は、市のセンターで約600人分が調理され、同小を含む市内の小中学校6校に配送される。市学校教育課の山崎行伸課長は「大きな事故になりかねない事案。原因は不明だが、ご心配をおかけして申し訳ない」とコメントを出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ