PR

産経WEST 産経WEST

熊本・益城町、区画整理案を可決 熊本地震2年控え前進

Messenger

 平成28年4月の熊本地震で震度7を2度観測し、甚大な被害が出た熊本県益城町の都市計画審議会は5日、昨年12月に否決した町中心部で進める土地区画整理事業の計画案を改めて審議し、可決した。熊本地震から4月で2年となるのを前に、町再生に向けた動きが前進した。

 災害に強い町づくりを目指し、旧町役場がある木山地区の28・3ヘクタールに宅地や道路、公園などを整備する内容で、総事業費は100億円を超える見通し。審議会は昨年12月「住民の理解が進んでいない」として、反対多数で否決。県や町は今年1月15日から地権者約410人を対象に戸別訪問を始め、事業内容やスケジュールなどを説明し、アンケートも実施した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ