PR

産経WEST 産経WEST

あおり運転を空から監視 滋賀県警ヘリコプター活用

Messenger

 県警交通指導課、航空隊などは1日、ヘリコプターを活用し、名神高速道路と北陸自動車道の交通取り締まりを行った。上空から広範囲に交通状況を把握できるヘリの活用で、取り締まりを強化する狙い。ヘリからの情報などで最高速度違反など4件を摘発した。

 県警航空隊のヘリ1機と高速隊のパトカー2台が出動。ヘリが見つけた交通違反車両の情報を、高速道路で待機している高速隊に提供。高速隊員が取り締まった。

 上空からの監視は、社会問題となっているあおり運転の取り締まりにも有効といい、今後も状況に応じてヘリを使用するか検討するとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ