PR

産経WEST 産経WEST

SNSで不適切投稿 伊丹市課長を戒告処分、「いいね!」押した市職員5人も厳重注意など

Messenger

 兵庫県伊丹市は2日、市立幼稚園・保育所の再編問題で、自身のフェイスブックのアカウントで不適切な投稿をしたとして、市保育課の男性課長(47)を戒告の懲戒処分にした。課長は「混乱させてしまい反省している」と話している。

 市によると、課長は2月10日、再編計画をめぐり市議会が市立こども園を予定より1園多く残す内容で議決したことについて、自身のフェイスブックに「公共施設を作れ!(負担は子供に押し付けちゃえ!)」「真の声を聞け!(ルールなんてクソ喰らえ!)」などと投稿した。同11日、市民グループから市側に指摘があり発覚。翌12日に投稿は削除された。

 また、投稿内容に賛同する「いいね!」を押した市職員5人も2日付で文書訓告や厳重注意とした。市は今後、職員のソーシャルメディアの私的利用についてガイドラインを作成する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ