産経WEST

ニート、引きこもり、不登校…若者の抱える悩みの相談窓口開設 奈良・生駒

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ニート、引きこもり、不登校…若者の抱える悩みの相談窓口開設 奈良・生駒

生駒市が開設した若者の相談窓口「ユースネットいこま」=奈良県生駒市 生駒市が開設した若者の相談窓口「ユースネットいこま」=奈良県生駒市

 奈良県生駒市は、ニートやひきこもり、不登校などの問題について、当事者や親からの相談に対応する窓口「ユースネットいこま」を市教育支援施設(同市北新町)に開設した。従来は「39歳以下」に限られていた年齢の壁を撤廃。40歳以上も受け入れ、社会復帰に向けてサポートする。

 平成27年度の内閣府の調査によると、ひきこもりの状態にある若者は全国で54万人と推計され、生駒市では約600人に上るとみられる。

 同市ではこれまで、若者の就労を支援する「サポートステーション」などがこれらの問題に対応してきたが、対象は39歳まで。中高年のひきこもりが増えている現状を踏まえ、年齢制限を取り払い、複数の機関との連携体制も確立した。

 ユースネットいこまに相談できるのは、市内在住か市内の学校、企業に在学、在勤しているニートやひきこもり、不登校などの悩みを抱える当事者、またはその家族と支援者、学校関係機関など。

 窓口には、就労に導く相談や支援を担当するキャリアコンサルタントが常駐するほか、臨床心理士やカウンセラー、元教師の相談員らが電話や来所による相談に対応。必要に応じ、職員らが利用者の自宅に訪問して面談するという。

続きを読む

「産経WEST」のランキング