PR

産経WEST 産経WEST

新聞販売店銃撃事件で工藤会系組員ら2人起訴

Messenger

 福岡県直方市で平成23年6月、聖教新聞販売店に銃弾が撃ち込まれた事件で、福岡地検小倉支部は28日、銃刀法違反(加重所持、発射)の罪で特定危険指定暴力団工藤会系組員、嶺隆啓容疑者(36)と、元組員、藤岡孝一容疑者(43)を起訴した。地検小倉支部は認否を明らかにしていない。

 起訴状などによると、両被告は工藤会系組幹部だった男=死亡=と共謀し、同年6月5日、路上で聖教新聞直方販売店がある方角に向けて拳銃1発を発射したとしている。けが人はなかった。

 捜査当局は死亡した組幹部の男が銃撃の実行役、藤岡被告が同行役、嶺被告が送迎役だったとみている。被害店舗と工藤会との間に関係性はなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ