産経WEST

信号無視のトラック運転手、摘発逃れで急発進 警官に重傷負わせる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


信号無視のトラック運転手、摘発逃れで急発進 警官に重傷負わせる

 愛知県警東署は27日、交通違反の摘発を逃れようと乗用車を急発進し、同署地域課の男性巡査部長(41)を転倒させて負傷させた上、逃走したとして、傷害と道交法違反(ひき逃げ)容疑などで同県豊川市市田町大道下のトラック運転手、杉浦一司容疑者(56)を逮捕した。同署は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は21日午後3時40分ごろ、名古屋市東区の市道で、車を急発進し巡査部長を負傷させて逃走したとしている。巡査部長は左前腕部の骨を折り約4カ月の重傷。

 同署によると、巡査部長は交差点で取り締まり中に杉浦容疑者の信号無視を確認、停止を求めた。同容疑者はいったん車を止めたが、巡査部長が信号無視を指摘すると急発進した。防犯カメラの映像から特定した。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング