産経WEST

5キロあおり運転し車体蹴る 器物損壊容疑で28歳男逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


5キロあおり運転し車体蹴る 器物損壊容疑で28歳男逮捕

 約5キロにわたってあおり運転をした後、赤信号で止まった軽乗用車を蹴るなどしたとして、愛知県警半田署は27日、器物損壊の疑いで名古屋市守山区大牧町の会社員、山田翔太容疑者(28)を逮捕した。

 半田署によると、山田容疑者は昨年8月9日夜、同県半田市の県道などで、同県常滑市の会社員男性(22)の軽乗用車に対しパッシングしたり、車間距離を詰めたりあおり運転をした。山田容疑者は「軽乗用車が脇道から飛び出してきた」と供述。同署は詳しい経緯を捜査している。

 逮捕容疑は同日午後7時35分ごろ、半田市三ツ池町の交差点で、赤信号で止まった軽乗用車を蹴り、車体をへこませたとしている。

 会社員男性らは2台で出掛けており、別の車に乗っていた男性の知人の女性が、現場から走り去った山田容疑者の乗用車のナンバーを携帯電話で撮影していた。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング