産経WEST

京セラ、中国地図で謝罪 不完全とネットで指摘受け

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京セラ、中国地図で謝罪 不完全とネットで指摘受け

 京セラは27日までに、中国語のホームページ上に掲載していた中国の地図が不完全だったとして、地図を削除するとともに「心からおわびする」との声明を発表した。中国のインターネット上での指摘や、一部メディアの報道を受けた措置だという。

 中国メディアによると、京セラの地図には、チベット自治区や新疆ウイグル自治区などの内陸部や、台湾などが含まれていなかった。また、中国の事業拠点のリストに台湾の拠点が含まれていなかった。

 京セラの広報担当者は「地図は主要拠点のある沿海部にフォーカスして作成したが、誤解を生みかねないものだった」と釈明している。台湾の拠点の表示についても、中国の事業拠点リストに加え直したという。

 中国の地図を巡っては今年1月、日本の良品計画が運営する生活雑貨「無印良品」のカタログに、中国が主権を主張する釣魚島(沖縄県・尖閣諸島の中国名)などが記されていないとして、当局に廃棄を命じられる問題が表面化していた。

(共同)

「産経WEST」のランキング