産経WEST

【民泊女性不明事件】大阪・島本町の遺棄現場近くに黒い上下の不審人物 歩いて下見か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【民泊女性不明事件】
大阪・島本町の遺棄現場近くに黒い上下の不審人物 歩いて下見か

山中で女性とみられる遺体の一部が発見された現場付近=26日午前、大阪府島本町(本社ヘリから) 山中で女性とみられる遺体の一部が発見された現場付近=26日午前、大阪府島本町(本社ヘリから)

 兵庫県三田市の女性会社員(27)が行方不明になり、この女性とみられる切断遺体が見つかった事件で、胴体と両腕が放置されていた大阪府島本町の山林近くの防犯カメラ映像に、ニット帽やマスクを着用し、上下とも黒っぽい服装の不審な人物が現場方向へ歩く姿が写っていたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。

 米国籍のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ容疑者(26)=監禁容疑で逮捕=は既に、女性を遺棄したと供述。兵庫県警は死体遺棄や損壊の疑いで捜査し、この不審な人物を同容疑者とみて、前後の時間帯を含め映像を解析し、足取りを詳しく調べている。

 捜査関係者や映像によると、20日午後2時15分ごろ、この人物は黒っぽいリュックを背負い、JR東海道線島本駅方面から遺棄現場の山林の方向へ向かって歩いていた。

 昼間の時間帯で、県警は遺体を遺棄する場所の下見に訪れた可能性もあるとみている。

続きを読む

「産経WEST」のランキング