産経WEST

不明の女性会社員?大阪市内で頭部発見 兵庫・三田の監禁事件

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


不明の女性会社員?大阪市内で頭部発見 兵庫・三田の監禁事件

 兵庫県三田市の女性会社員(27)が所在不明となり、大阪市東成区内のマンションに女性を閉じ込めた監禁容疑で米国籍の男が逮捕された事件で、兵庫県警捜査1課は24日、同市西成区内の宿泊施設で、この女性とみられる人の頭部を発見したと発表した。県警は死体遺棄事件として三田署に捜査本部を設置。司法解剖して身元の特定を急ぐとともに、この男が関与した疑いがあるとみて殺人容疑も視野に調べる。

 男はバイラクタル・エフゲニー・ヴァシリエヴィチ容疑者(26)。

 県警によると、この日午後3時50分ごろ、同容疑者が契約していた同市西成区内の宿泊施設を捜査員が調べたところ、室内からスーツケースに入った人の頭部が見つかった。顔写真などから、所在不明となっている女性とみられる。調べに対し、同容疑者は遺体について供述していないという。

 捜査関係者によると、同容疑者は今年1月に来日。関西の宿泊施設などを転々とし、SNS(会員制交流サイト)を通じて女性と知り合った。女性は15日に三田市内の勤務先を出た後、16日未明ごろ、JR森ノ宮駅近くの同市東成区内の民泊用マンションに2人で入室。同容疑者は18日に大きなバッグを持って部屋を退去したが、女性については入室後の足取りが途絶えていた。

 県警は行方不明届を受理した17日から捜査を開始。防犯カメラ映像などから、同容疑者が事情を知っているとみて行方を追い、22日に奈良県内で発見。監禁の疑いで逮捕していた。

「産経WEST」のランキング