産経WEST

メインキャンパス候補は森之宮 大阪市大と大阪府大の法人統合へ JR環状線沿いに拠点が並ぶ都心型の大学に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


メインキャンパス候補は森之宮 大阪市大と大阪府大の法人統合へ JR環状線沿いに拠点が並ぶ都心型の大学に

大阪府立大学と大阪市立大学の運営法人を統合する議案が可決し「知の拠点となる公立大を目指したい」と語る吉村洋文市長=23日、大阪市役所 大阪府立大学と大阪市立大学の運営法人を統合する議案が可決し「知の拠点となる公立大を目指したい」と語る吉村洋文市長=23日、大阪市役所

 大阪市立大学と大阪府立大学の統合計画をめぐり、大阪市議会は23日、継続審議となっていた両大学の運営法人を統合する関連議案を大阪維新の会と公明党の賛成多数で可決した。吉村洋文市長は取材に対し、両大学への運営交付金の規模を維持すると明言。「『知の拠点』となる公立大を目指したい」と述べ、平成34(2022)年にも設立する新大学を、国内最大規模の公立大として発展させたい考えを示した。

 大阪府議会で既に同様の議案が可決しており、新法人は31(2019)年春に発足する予定。その後、学部再編など本格的な準備がスタートする。

 本会議終了後、記者団の取材に応じた吉村洋文市長は「市立大と府立大の力を一つにし、大阪の成長と府民・市民の生活を充実させる『知の拠点』となる公立大を目指したい」と表明。統合効果で余剰資金が生まれた場合には、新たな研究の資金に充てる考えを示した。新大学発足後の財政支援は府市で折半する。

続きを読む

「産経WEST」のランキング