産経WEST

【動画】あの東名・分離帯跳び越え事故、死亡の医師を書類送検 愛知県警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
あの東名・分離帯跳び越え事故、死亡の医師を書類送検 愛知県警

 愛知県新城市の東名高速道路で昨年6月、乗用車が中央分離帯を越えて対向の観光バスに衝突した事故で、県警高速隊は23日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していた浜松市の男性医師=当時(62)=を容疑者死亡のまま書類送検した。医師がハンドル操作を誤ったのが事故原因と判断した。

 送検容疑は、昨年6月10日午前7時半ごろ、東名高速下り線を走行中、左側ガードレールに接触。車を右へスリップさせ、中央分離帯を跳び越えて対向車線の観光バスに衝突し、乗客乗員40人に重軽傷を負わせたとしている。

 県警は、乗用車に搭載されていた操作状況を自動記録する「イベントデータレコーダー(EDR)」の解析や、バスの乗客らへの聞き取りから、何らかの理由でガードレールに接触して驚いた男性が、右に急ハンドルを切ったため、車が分離帯を跳び越えたとみている。大幅な速度超過はなく、運転に影響を与えるような持病もなかった。

「産経WEST」のランキング