産経WEST

人魚のモデル「ジュゴン」の保全活動協議 鳥羽市で国際シンポジウム

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


人魚のモデル「ジュゴン」の保全活動協議 鳥羽市で国際シンポジウム

鳥羽水族館の雌のジュゴン「セレナ」(同館提供) 鳥羽水族館の雌のジュゴン「セレナ」(同館提供)

 絶滅危惧種「ジュゴン」の保全をテーマにした国際シンポジウムが22日、三重県鳥羽市で開かれ、日本やオーストラリア、フィリピンなど7カ国の研究者ら約100人が保護活動の在り方などについて話し合った。

 ジュゴンは人魚のモデルと言われ、熱帯から亜熱帯に生息、日本では沖縄本島周辺で確認されている。環境破壊や違法な捕獲などが原因で、世界的に個体数が減少しているとみられる。

 シンポは鳥羽水族館(鳥羽市)などが主催。日本で唯一飼育展示されている雌の「セレナ」が昨年、フィリピンからやって来て30年が経過したのを記念した。

 シンポでは、各地で保護地区を設定して保全に取り組んでいるものの、モザンビークなどで不法行為が後を絶たない例が報告された。

 ジェームスクック大(オーストラリア)のヘレン・マーシュ特別教授は基調講演で、気候変動など科学的な課題だけでなく、貧困など社会的な問題にも取り組みがなされなければ「100年以内にジュゴンは絶滅してしまう」と警告した。

 また取材に応じた同水族館の若井嘉人副館長は「現状を知り、保護活動に今後どう関わっていけるかを考えるヒントにしたい」と抱負を語った。シンポは23日まで。

「産経WEST」のランキング