産経WEST

【虎のソナタ】八木氏呼び込みで行列!!「元虎」の屋台 実はきょうサンスポ55周年なんです

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【虎のソナタ】
八木氏呼び込みで行列!!「元虎」の屋台 実はきょうサンスポ55周年なんです

臨時販売員を務めた八木氏(右)と葛城氏 臨時販売員を務めた八木氏(右)と葛城氏

 かりゆしホテルズボールパーク宜野座のメイン球場外周には、屋台がならんでいる。そのややはずれに、控えめにテント張りの焼き鳥店が1軒…。店名は「酒美鶏 葛城」。店先に二枚目のシュッとした男が現れて、やにわに頼まれたわけでもないのに「さぁ、美味しいよ。一度食べたらわすれられないョ」と呼び込みを始めた。

 よくみると、この“営業部長”は我がサンスポ専属評論家の八木裕氏。だから当然、阪神ファンは大喜びする。またたくまに行列ができる店となってしまった。

 実はこの店、元阪神葛城育郎さんが自ら手羽先などの唐揚げを作って売っているのだ。元々、阪神を引退してからは阪神西宮駅近くの、タイガースが必勝祈願にいく『西宮戎神社』のそばで「酒美鶏 葛城」を経営していて、それがかなり人気らしい。トラ番キャップ阿部祐亮によると「酒美鶏(さけびどり)」とは葛城さんが現役のころに甲子園のお立ち台で「うぉーっ!」の雄叫びをあげて話題になった。それを店名に入れたわけ。そして宜野座に乗り込んだ後は、八木裕さんが“叫び鶏”役をやった次第。

 「韓国KIAとの練習試合はとても賑やかな乱打戦になりましたが、我々トラ番の記者席にはおかげで美味しい唐揚げが届き、それに福留選手のお父さん、景文さんからは鹿児島の美味しい水『財宝』がドサッと届きまして、ウハウハ状態でした」(阿部)

続きを読む

「産経WEST」のランキング