産経WEST

【動画】大化の改新…中大兄と鎌足出会いの場、槻(つき)の木の広場に供宴施設か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
大化の改新…中大兄と鎌足出会いの場、槻(つき)の木の広場に供宴施設か

大化の改新の前に中大兄皇子と中臣鎌足が出会った「槻の木の広場」跡とされる飛鳥寺西方遺跡で、飛鳥時代の建物跡が見つかった。後方に飛鳥寺や入鹿の首塚がある=21日、奈良県明日香村(前川純一郎撮影) 大化の改新の前に中大兄皇子と中臣鎌足が出会った「槻の木の広場」跡とされる飛鳥寺西方遺跡で、飛鳥時代の建物跡が見つかった。後方に飛鳥寺や入鹿の首塚がある=21日、奈良県明日香村(前川純一郎撮影)

 大化の改新(7世紀)前に中大兄皇子と中臣鎌足が出会った「槻の木の広場」とされ、飛鳥時代に重要な儀式が行われた飛鳥寺西方遺跡(奈良県明日香村)で、遠方から訪れた使節をもてなした供宴施設とみられる建物跡が見つかり、明日香村教育委員会が21日、発表した。

 日本書紀には、飛鳥寺の西にある「槻の木の広場」で東北の蝦夷や九州南部の隼人をもてなしたと記述があり、近くの石神遺跡で見つかった供宴施設とされる遺構と類似することから、村教委は今回も同じ施設の可能性があると判断、「広場の具体的な姿が分かる発見だ」としている。

 村教委によると、同遺跡での建物跡は4例目。東西方向に並んだ柱穴の跡を2列発見し、柱穴は2・4メートルの間隔だった。飛鳥寺西門跡から約140メートル西にあり、建物の端は確認されていないが、東西19・2メートル以上の長い建物。南北は4・8メートル。飛鳥時代の詳しい時期を特定する遺物は見つからなかった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 大化の改新…中大兄と鎌足出会いの場、槻(つき)の木の広場に供宴施設か

関連ニュース

「産経WEST」のランキング