産経WEST

親族女性死亡させ現金強奪、強盗強制性交致死容疑で38歳男を再逮捕 愛知県警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


親族女性死亡させ現金強奪、強盗強制性交致死容疑で38歳男を再逮捕 愛知県警

 親族女性を暴行して死亡させ、現金入りのかばんなどを奪ったとして、愛知県警は21日、強盗強制性交致死の疑いで無職、大橋利雄容疑者(38)を再逮捕し、瑞穂署に捜査本部を設置した。大橋容疑者はこの女性の口座から預金を不正に払い戻そうとしたとして有印私文書偽造・同行使容疑で逮捕、同罪で起訴されていた。

 再逮捕容疑は今年1月13日、瑞穂区の無職女性(57)方で、女性の腹部を蹴るなどして暴行、乱暴しようとした上、現金十数万円入りのかばんを奪った疑い。女性は外傷性ショックで死亡した。

 捜査関係者によると、女性が1月13日に死亡しているのを別の親族が発見。周辺を調べたところ、女性の近所に住む大橋容疑者が1月23日、凍結された女性の口座から預金を不正に払い戻そうとした疑いが判明したため、県警は同日、大橋容疑者を有印私文書偽造・同行使などの容疑で逮捕し、女性死亡への関与を調べていた。

「産経WEST」のランキング