産経WEST

大分の部活死亡事故 高検、再捜査要望認めず 剣道練習中に熱中症

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大分の部活死亡事故 高検、再捜査要望認めず 剣道練習中に熱中症

 大分県竹田市の県立竹田高校で平成21年、剣道部の練習中に工藤剣太さん=当時(17)=が熱中症で死亡した事故で、業務上過失致死容疑で書類送検された元顧問ら2人を大分地検が不起訴にしたのは不服として、福岡高検に再捜査を申し立てた両親に、高検は20日、要望を認めることはできないとの判断を伝えた。

 元顧問ら2人に賠償責任を負わせるよう両親が県に求めた民事訴訟では、一審の大分地裁が28年に元顧問の重過失を認定した判決が、昨年10月に確定している。両親は「刑事事件が不起訴で終わるのは納得できない」として昨年5月、大分地検に指導監督権限を持つ福岡高検に再捜査を求めていた。

 大分地検は24年、元顧問ら2人を嫌疑不十分で不起訴処分にした。両親の申し立てを受けた大分検察審査会は不起訴不当を議決したが、26年に再び不起訴となった。

「産経WEST」のランキング