産経WEST

詐欺容疑で元職員逮捕 スキー場運営委託した指定管理者の納付金90万円 鳥取・大山町

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


詐欺容疑で元職員逮捕 スキー場運営委託した指定管理者の納付金90万円 鳥取・大山町

 鳥取県警琴浦大山署は20日、同県大山町がスキー場運営を委託した指定管理者の納付金90万円をだまし取ったなどとして、詐欺などの疑いで元大山町職員の男(61)を逮捕した。

 逮捕容疑は、観光商工課長を務めていた平成26年5月、町役場のパソコンを使い、指定管理者の「だいせんリゾート」から町の口座に振り込まれた納付金420万円のうち90万円を、誤って納付されたため返還する必要があると装い、虚偽の電子決済をして自分の預金口座に送金して詐取するなどした疑い。

 容疑を認めている。大山町が昨年3月、別の詐欺容疑で男を告発し、捜査の過程で今回の事件が浮上した。

「産経WEST」のランキング