産経WEST

橋本元神戸市議を在宅起訴、政活費690万円詐取罪 神戸地検 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


橋本元神戸市議を在宅起訴、政活費690万円詐取罪 神戸地検 

 政務活動費(政活費)約690万円を不正に受け取っていたとして、神戸地検特別刑事部は19日、詐欺罪で、橋本健・元神戸市議(38)=神戸市西区=を在宅起訴した。認否を明らかにしていない。

 兵庫県警は今月6日、約1300万円を詐取した疑いで橋本元市議を書類送検。地検はこのうち、公判で立証が可能と判断した分のみ起訴したという。

 起訴状によると、橋本被告は自民党市議団に所属していた平成23~26年度、架空や水増しした領収書を添付した収支報告書を作成し、政活費計約690万円をだまし取ったとされる。

 橋本被告は昨年、週刊誌で自民党の今井絵理子参院議員との交際が報道され、その後に政活費の不正受給疑惑が発覚。昨年8月に市議を辞職していた。

 在宅起訴を受け、神戸市議会の北川道夫議長は「再発防止に努めたい」とコメントした。

「産経WEST」のランキング