産経WEST

【関西の議論】「大阪VS新潟」異例の場外乱闘 2人の知事がツイッターでバトル、法廷闘争へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「大阪VS新潟」異例の場外乱闘 2人の知事がツイッターでバトル、法廷闘争へ

ツイッターでの応酬から訴訟になった大阪府の松井一郎知事(左)と新潟県の米山隆一知事 ツイッターでの応酬から訴訟になった大阪府の松井一郎知事(左)と新潟県の米山隆一知事

 これについて、日頃から府の取り組みや維新の政策をツイッターで発信し、13万人のフォロワーを抱える松井知事が反応した。

 《米山君、いつ僕が異論を出した党員をたたき潰したの? 君も公人なんだから、自身の発言には責任取る覚悟を持ってるでしょうね。いつ僕が異論を出したものに恭順を誓わせたのか説明してください》

内容証明郵便でも応酬

 これで火蓋が切られた。

 《どこにも松井さんとは書いていないのですが…(中略)。たたき潰していないという理屈はもちろん言われるのでしょうが、あれだけ衆人環視で罵倒されれば、普通の人は異論は言えないと思います》(米山知事)

 この「衆人環視」というのは、維新所属の丸山穂高衆院議員がツイッターで、昨年の衆院選総括や代表選実施を求めて投稿し、日本維新の会を創設した橋下徹・前大阪市長が「ボケ」「ふざけた言葉で総括を求める前にお前が総括しろ」と反発したことなどを念頭にしたものとみられる。

 《(前略)起こったことはしようがないとして、現在係属している訴訟に関しては、明らかに松井さんが意思決定権者かつ最終責任者であり、「生徒指導は適法」とご主張されていると報道から把握しております》(米山知事)

 《話をすり替えるのはやめなさい。僕がいつ党員の意見をたたき潰したのか? 恭順させたのか? 答えなさい。僕が「生徒指導は適法」としていると報道から把握しているとされていますが、どこの報道でしょうか? 僕は生徒指導は適法なんて一言も言っておりません》(松井知事)

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング