PR

産経WEST 産経WEST

【華麗なる宝塚】若く熱い“体育会系”トップ・珠城りょう、公演題名の「努力」「情熱」「仲間たち」は自身も大切にしている言葉

 トップとしてのあり方もしかり。就任直後は、「ちゃんとやらなきゃ」と力が入り過ぎていた。が、仲間と作品を重ね、伸びやかな“本来の自分”になってきた。「真面目は真面目ですけど(笑)。肩ひじ張るところからは抜けきった。よろいがとれたと思います」

 今年の目標は挑戦。「(先人の)皆さんの思いや伝統をつなぎながら、保守的にならずに新しいことに挑みたい」。時間がとれたら、個人的に挑戦したいのは「達成感がありそうな」ボルダリング。「高所は好きですけど、遊園地の垂直落下は苦手。タカラジェンヌには好きな人が多いんですけどね」と笑う。

 最後に言った言葉から、自身と組の充実がうかがえた。「とにかく明るく、楽しい1年に」-。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ