産経WEST

【虎のソナタ】3回転!?いや違う!!3連発や 羽生もすごいけど、虎・ロサリオも!

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【虎のソナタ】
3回転!?いや違う!!3連発や 羽生もすごいけど、虎・ロサリオも!

試合後、特訓を受けたロサリオ。羽生弓弦と双璧?のミスターNO.1だ 試合後、特訓を受けたロサリオ。羽生弓弦と双璧?のミスターNO.1だ

 羽生がすごい!! そして阪神も同じくらい強い!? 阪神が楽天の先発・藤平に3回を完璧に抑えられ、0-1の劣勢に立っていた午後1時48分、編集局が一気に沸き立ちました。

 「1面、羽生。2面も3面も羽生でいこう」

 編集局長畑恵一郎も即決です。羽生結弦が、ぶっつけ本番となった平昌五輪男子フィギュアスケートのショートプログラムで、ほぼ完璧な演技を披露し、五輪連覇へ首位発進。きょう17日午後1時43分、22番目に滑走するフリーの演技がいまから楽しみです。

 余韻に浸っていたとき、今度は野球当番デスク席で大沢謙一郎が大声をあげました。

 「また打った!! 3回転や!! 違う、3戦連発や!!」

 四回にロサリオが右中間へ逆転2ラン。4番が一振りで流れを変えると、若手が続いて阪神が10-1の大勝です。

 「ええもん見ました。目の前に打球が飛んできましたよ」

 宜野座のライトスタンドにいた整理部デスク福井勇治から興奮した口調で電話がかかってきました。編集局次長兼整理部長の生頼秀基、ピヨピヨ整理記者服部裕実とともにキャンプ地を“研修旅行”中です。それにしてもなぜライトスタンド?

 実は、能見、メッセンジャー、秋山らのブルペン投球を見て「やっぱり阪神の投手陣はいいなあ」と感激。その後、楽天戦の開始時刻に合わせてスタンドに移動したのですが、宜野座には平日のこの日も8000人が詰めかけておりまして、内野はすでに満員。「じゃあ外野で見よう」となったのでした。

 「1人でポコっと座るくらいの“隙間”はあったんです。でも、3人並んで一緒に見るスペースはないくらい混んでいたので。そのおかげで、あのすごいライナーをほぼ正面から見ることができました」

続きを読む

「産経WEST」のランキング