産経WEST

【関西の議論】選書は大丈夫か…「ツタヤ図書館」誕生の和歌山、斬新なスタイルに期待の一方で不安も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
選書は大丈夫か…「ツタヤ図書館」誕生の和歌山、斬新なスタイルに期待の一方で不安も

和歌山市に新たに開館する“ツタヤ図書館”のイメージ(CCC提供) 和歌山市に新たに開館する“ツタヤ図書館”のイメージ(CCC提供)

 南海和歌山市駅ビルの建て替えに伴い、平成31年度に同ビルに移転する和歌山市民図書館の管理・運営を請け負う指定管理者に、レンタル大手「ツタヤ」を展開する「カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)」(東京)が選定され、昨年12月の同市議会で承認された。「ツタヤ図書館」はこれまでに佐賀県武雄市などで運営され、カフェなどを備えた新しいスタイルの図書館には和歌山でも「地域の活性化につながる」と期待が寄せられている。一方、各地で不適切な選書などが問題視されるケースも多く、CCCの運営手法を懸念する市民もいる。(福井亜加梨)

利用者のニーズを重視

 「子供向けのフロアは、安心して使える4階を提案します」

 昨年11月24日、和歌山市内で開かれた指定管理者選定の公開プレゼンテーションで、CCCの担当者は、子供のフロアを2階で計画していた市の基本計画とは異なるプランを提示した。商業施設と接続する2階は、人の出入りが多いことを考慮したという。

 1階にはカフェや地域産品、書籍の販売スペースなどを設けるとし、現在は約30万人で低迷する年間来館者については、100万人を目標に掲げた。

 選定委員会による審査の結果、市は「独自の調査を踏まえて子供など利用者のニーズや動線も考慮され、空間イメージが優れている」と判断し、CCCを選んだ。市の担当者は「カフェなどの自主事業に大規模に取り組めるのもCCCの強み。にぎわいにつながる」と期待を込める。

続きを読む

「産経WEST」のランキング