PR

産経WEST 産経WEST

滋賀の鳥インフルは陰性、高病原性検出されず

Messenger

 滋賀県は15日、同県彦根市の空き地で回収したカルガモ1羽の死骸について、確定検査の結果、高病原性鳥インフルエンザには感染していなかったと発表した。

 9日に遺伝子検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと報告があり、鳥取大で確定検査をしていた。環境省は、発見地点の周囲10キロの野鳥監視重点区域指定を解除した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ