産経WEST

四代目「桂春団治」襲名披露 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


四代目「桂春団治」襲名披露 

「親子茶屋」を口演する桂春団治さん=11日、大阪市(相原正明氏撮影) 「親子茶屋」を口演する桂春団治さん=11日、大阪市(相原正明氏撮影)

 上方落語の大名跡「桂春団治」の四代目を、桂春之輔さん(69)が11日襲名し、大阪・道頓堀の大阪松竹座で披露公演が開かれた。上方の四天王の一人だった三代目が死去して以来、約2年ぶりに大名跡が復活した。

 四代目春団治さんは「一番感謝するのはお客さま。本日のご来場、決して忘れるものではありません」と語り、昼の部では古典落語「親子茶屋」を口演。落ち着いた語り口で満員の会場を笑いで包んだ。

 口上では、上方落語協会会長の桂文枝さん(74)が「自分なりの春団治をつくり上げてもらいたい」と激励。桂きん枝さん(67)は「(型破りな芸風で知られる)初代に一番近い方」と紹介した。

「産経WEST」のランキング