産経WEST

四天王寺の国宝「懸守」の内部に3センチの如来像

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


四天王寺の国宝「懸守」の内部に3センチの如来像

エックス線CTスキャンで映し出された「懸守」内部の如来像(京都国立博物館提供) エックス線CTスキャンで映し出された「懸守」内部の如来像(京都国立博物館提供)

 四天王寺(大阪市)が所蔵する国宝「懸守(かけまもり)」(平安時代後期)の内部に、高さ3・3センチの如来像が彫られた木製の円柱が納められていたことが分かり、同寺と京都国立博物館(京都市)が9日発表した。内部に何かが納められていることは知られていたが、具体的に確認できたのは初めて。

 懸守は女性や子供が首からさげたお守り。四天王寺の一本(いちもと)崇之学芸員は「現存する中ではお守りに仏像を納めて携帯していたことを示す最古の例。信仰の歴史を知る上で貴重な発見」としている。

 懸守(高さ6・4センチ、幅7・3センチ)は、桜の花びらをかたどった木材に絹の布を貼ったもの。高貴な身分の皇族や公家らが身につけ、後に四天王寺に奉納されたとみられる。

 コンピューター断層撮影(CT)調査で、直径2・3センチ、高さ5・5センチの円柱は、不動明王とみられる絵が描かれた紙に包まれていることが判明。身とふたに分かれ、身には如来像、ふたには香炉などが彫られ、頭髪や口には彩色が施されていた。香木の白檀(びゃくだん)で作られた可能性が高いという。

 懸守は、4月21日~5月6日に四天王寺宝物館の春季名宝展で公開される。

このニュースの写真

  • 四天王寺の国宝「懸守」の内部に3センチの如来像
  • 四天王寺の国宝「懸守」の内部に3センチの如来像

「産経WEST」のランキング