産経WEST

解答間違った児童の頭を「よく見てよ」と黒板に押し付け、体罰の教諭を停職 愛知・豊橋、9人被害

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


解答間違った児童の頭を「よく見てよ」と黒板に押し付け、体罰の教諭を停職 愛知・豊橋、9人被害

 愛知県教育委員会は9日、小学校の児童9人に、頭を黒板に押し付けるなど14件の体罰を行ったとして、同県豊橋市立岩西小の男性教諭(43)を、停職6カ月の懲戒処分にした。教諭は同日付で退職した。9人にけがはないとしている。

 県教委によると、教諭は昨年10月の算数の授業中、担任を務める2年の女児(7)の解答が間違っていたため「よく見てよ」と言いながら複数回、頭を黒板に押しつけた。

 ほかの児童らからも被害の訴えがあり、学校や市教委が調べると、昨年4月以降、廊下を走った児童など、別の8人の頭を定規やほうきの柄でたたいたり、顔をつねったりしていたことが確認されたという。教諭は「指導に熱が入り、手を出してしまった」と話している。

 教諭は平成24年にも、4年の女児をペンでたたき、戒告処分を受けていたほか、27年には男児の肩を押して転倒させ、左手首を骨折させた。市教委と学校は事故と判断し、県教委に体罰として報告していなかった。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング