産経WEST

【千田嘉博のお城探偵】CASE2 人生決めた姫路城 歴史探訪に最適

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【千田嘉博のお城探偵】
CASE2 人生決めた姫路城 歴史探訪に最適

優美な白色が際立つ姫路城=平成28年4月(筆者撮影) 優美な白色が際立つ姫路城=平成28年4月(筆者撮影)

 先日、姫路文学館夏季大学で「天下人の城と姫路城」と題した講義をさせていただいた。受講生のなかに小学5年生のA君がいた。講義前の会場でA君と話をすると、すでに主体的に本を読み、実際の城跡探険もしていて、本当に感心した。

 ■凛々しさに感動

 社会人向けの夏季大学は大学の講義に準じた内容だった。心配になって講義後にたずねると、なんとA君は講義内容をしっかり理解して、とても楽しかったと笑顔で答えてくれた。1時間半の講義を受けるのは大人でもたいへんなのに、それを小学生で軽々と達成してしまうとはすごい。城郭考古学の未来は明るい。きっと姫路城を毎日感じられる卓越した歴史環境が、英才を生み出す一助になっているのだろう。

 姫路城は、実は私の人生を決めた城でもある。中学1年生の夏休みに新幹線ホームからわずかに遠望した姫路城の凛々(りり)しさに感動して、私はそのまま城郭の研究者になってしまった。あのとき姫路城を見なかったら、今の私は何をしていただろうか。

続きを読む

このニュースの写真

  • CASE2 人生決めた姫路城 歴史探訪に最適

「産経WEST」のランキング