産経WEST

【動画】立ち往生の国道8号、24時間車内閉じ込め 記録的大雪「一晩中落ち着かず」 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
立ち往生の国道8号、24時間車内閉じ込め 記録的大雪「一晩中落ち着かず」 

大雪で止ってしまった国道8号線。ドライバーが雪かきを行っていた=7日午前、福井県坂井市(彦野公太朗撮影 大雪で止ってしまった国道8号線。ドライバーが雪かきを行っていた=7日午前、福井県坂井市(彦野公太朗撮影

 記録的な大雪で車の立ち往生が続いた福井県の国道8号。車内に閉じ込められた男性は7日、「一晩中落ち着かなかった」と振り返った。同県坂井市では発生から1日以上経過し、疲労が蓄積したドライバーが近くの公民館に避難する姿も。「一刻も早く解消してほしい」。沿線の商店では食料品が尽き始め、終わりの見えない渋滞に不安の声も聞かれた。

 国道8号の立ち往生は、大型車が脱輪するなどして発生。陸上自衛隊は6日午後から夜通しで除雪を行い、食料やガソリンなどの救援物資を配布した。

 7日朝、立ち往生した車の前で雪かきをしていた福井市の会社員、岩井一郎さん(53)は24時間以上閉じ込められていたといい、「福井市内から石川県の小松方面へ向かう通勤途中にストップしてしまった。一酸化炭素中毒が心配で一晩中落ち着かなかった」と疲れた様子だった。

 国道周辺の積雪は、住宅の2階付近にまで達した。坂井市は公民館など3カ所を開放し、毛布や食料を提供。車から降りてきた人たちが、つかの間の休息を取った。

続きを読む

「産経WEST」のランキング