産経WEST

【虎のソナタ】バッキーから「日本一に」と激アツメール! サンスポ読んで虎チェック

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【虎のソナタ】
バッキーから「日本一に」と激アツメール! サンスポ読んで虎チェック

米国にあるバッキーさんの自宅に届いたサンスポ。御礼のメッセージがデスクに届いた 米国にあるバッキーさんの自宅に届いたサンスポ。御礼のメッセージがデスクに届いた

 「あのねタッタ今、整理部長から今日も寒波で降版が3時間早いといわれましたんや。こんなとこで油売っとらんと『虎ソナ』の執筆にかかってください!」

 まだ宜野座ではトラ番が走り回ってる段階。これでもう「書け」という無理難題。大沢が締め切りにうなされているところ、パソコンを開くと英語のメール。差出人をみるとGene Bacque…え、ジーン・バックエ…あれは鍋だとおいしい…違う。

 「バッキーさんからや!」

 説明すると先日、シアトル在住の丹羽政善通信員が米国の自宅でメッセンジャーを取材、元阪神のバッキー投手(80)と親しいことを1月22日付1面で書いた。するとメッセ夫人から丹羽通信員に「バッキーさんが『サンスポを読みたい』といってるわよ」と連絡があって、その新聞を大阪から大沢が国際郵便で送った次第。するとバッキーさんから御礼のメールがきたわけだ。以下文面。

 「大沢サン、新聞をありがとう。読むために日本語を習わなければいけないけど(笑)。阪神のOBや、若い選手に伝えてください。私が、彼らが日本シリーズに勝つことを祈っていると。出来ればランディ(メッセンジャー)に外国人最多勝利を挙げてほしい。今年、100勝を超えるんじゃないかな。100勝は、私とジョー・スタンカ(南海)の最多記録だけど。でも、私が1964年に作った(シーズン)29勝9敗という記録は、これからも破られないと思います。もう、野球も変わって、九回まで投げる人が少なくなったから。ありがとうございました」と熱い熱い。

 宜野座は寒かった。しかし「それなりにみんなエンジンはかかってきたヮ」と編集委員上田雅昭の電話も熱い。いよいよ実戦に突入する。

「産経WEST」のランキング