産経WEST

大阪のIR開発「日本主導の企業連合とやりたい」 米MGMリゾーツのムーレン会長が意欲

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪のIR開発「日本主導の企業連合とやりたい」 米MGMリゾーツのムーレン会長が意欲

MGMリゾーツ・インターナショナルが6日公開した、大阪・夢洲に開発を目指す統合型リゾート施設(IR)のイメージ(日本MGMリゾーツ提供) MGMリゾーツ・インターナショナルが6日公開した、大阪・夢洲に開発を目指す統合型リゾート施設(IR)のイメージ(日本MGMリゾーツ提供)

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)運営の世界的大手、米MGMリゾーツ・インターナショナルは6日、大阪市内でIR建設に関する報道向け説明会を開催した。来日したムーレン会長は、高層ビルと巨大施設が組み合わされた施設のイメージ図を示し、「大阪は(京都など)国内有数の観光地に近く、交通網も整備されている。国内外から観光客を引き込むことができる」と述べ、大阪でのIR建設実現に意欲を示した。

 施設を通じて日本の伝統や食文化を発信し、周辺の観光地に客を誘導することで「観光先進国を目指す(日本の)政府目標を支援できる」とも語った。

 また「日本主導の企業連合とやりたい」と述べ、複数の企業と協議を進める考えも明らかにした。

 一方、ギャンブル依存症への懸念がカジノについては「全体面積の2%以下にすぎない」とし、音楽やスポーツなど、多様な娯楽が楽しめる施設開発を目指す考えを強調した。

 大阪府などが大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)(同市此花区)にIRの誘致を目指しており、MGMをはじめ複数の海外企業が参画に意欲を示している。大阪府・市は平成31年度までに事業者を選定し、35~36年ごろの開業を目指している。

このニュースの写真

  • 大阪のIR開発「日本主導の企業連合とやりたい」 米MGMリゾーツのムーレン会長が意欲

「産経WEST」のランキング