産経WEST

複数生徒から傘で叩くなど暴力受け「死ね」…いじめエスカレート認定 広島の中3女子転落死で審議会

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


複数生徒から傘で叩くなど暴力受け「死ね」…いじめエスカレート認定 広島の中3女子転落死で審議会

広島の中3女子転落死の経過 広島の中3女子転落死の経過

 広島市佐伯区の市立五日市観音中3年の女子生徒が昨年7月、遺書のような手紙を残して校舎から転落死した問題で、市教委が設置した、有識者による市いじめ防止対策推進審議会は5日、女子生徒が複数の同級生から「死ね」と言われ、傘でたたかれる暴力も受けていたとの調査結果を発表した。いじめは小学校の頃から確認されていたといい、学年が進むにつれエスカレートしていた。市教委は同日までに遺族側に説明し、謝罪した。学校側の対応が適切だったかや、いじめと転落死の因果関係については今後検証する。

 審議会は昨年9月以降、生徒451人と教職員88人から回答を得たアンケートに加え、生徒25人と教職員9人への聞き取り調査を実施した。

 調査結果によると、女子生徒は小学校の頃から精神的苦痛を感じさせる言動や関わりを複数の生徒から受けていた。その関係は中学校でも続き、入学当初から、休憩時間や授業中などに頻繁にからかわれたり、悪口や暴言があったりしたと指摘。2年時には、より多数によるいじめになり、消しゴム片を投げられる嫌がらせなどもあった。3年になると「死ね」などの脅し文句がより頻繁に使われ、傘でたたかれるなど、いじめが次第にエスカレートしたとしている。

 市役所で記者会見した林孝会長(広島大大学院教授)は、いじめ件数については数えることが難しく、「表現できない」と説明した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 複数生徒から傘で叩くなど暴力受け「死ね」…いじめエスカレート認定 広島の中3女子転落死で審議会

「産経WEST」のランキング