産経WEST

【動画】角竜類3体の頭骨片見つかる トリケラトプス祖先か 兵庫・篠山

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
角竜類3体の頭骨片見つかる トリケラトプス祖先か 兵庫・篠山

今回の調査で見つかった角竜の骨格図のイメージ((c)小田隆/丹波市) 今回の調査で見つかった角竜の骨格図のイメージ((c)小田隆/丹波市)

 兵庫県立人と自然の博物館(同県三田市)は3日、同県篠山市の白亜紀前期(約1億1千万年前)の地層から、新たに角竜類3体分の頭骨の一部が見つかったと発表した。白亜紀後期に繁栄した大型のトリケラトプスなどが属する「ネオケラトプス類」の原始的なタイプとみられ、恐竜の進化の過程を探る上で貴重な資料になるという。

 角竜類は草食恐竜の一種。トリケラトプスは大きな角を持つが、原始的なタイプは角がなく小柄という。今回化石が発見された篠山層群では平成?年以降、角竜類だけで5体分が確認されていた。

 新たに見つかった化石は、上あごや下あごの骨、背骨、歯など3体分の計16個で、長さは最小2㍉、最大9㌢。直径20~30㌢の3つの岩塊に含まれていた。骨の大きさなどから3体の体長は推定で最大1㍍前後。岩塊からはワニ類の歯1点のほか、巻貝や二枚貝などの化石数百点も見つかったことから、現場はかつて沼地だったとみられる。

 トンネル建設工事で掘り出された岩塊の中から同館の研究員らが発見した。同館の三枝春生・主任研究員は「調査が終わったのは発掘された岩塊のわずかな部分に過ぎない。今後も恐竜の化石が見つかる可能性は高い」と話している。

 化石は11日から4月8日まで同館などで展示する。

このニュースの写真

  • 角竜類3体の頭骨片見つかる トリケラトプス祖先か 兵庫・篠山
  • 角竜類3体の頭骨片見つかる トリケラトプス祖先か 兵庫・篠山

「産経WEST」のランキング