産経WEST

火元はパソコン? 民家火災で母と長男の2人が軽症 大阪・羽曳野

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


火元はパソコン? 民家火災で母と長男の2人が軽症 大阪・羽曳野

 2日午前1時35分ごろ、大阪府羽曳野市島泉の2階建て木造住宅で、「火事みたいです」と近所の女性から通報があった。木造住宅の2階部分がほぼ全焼、南側の民家の壁が焼けて約30分後に消し止められたが、木造住宅に住む住人の女性(48)と長男(21)が煙を吸うなどして軽症を負った。

 大阪府警羽曳野署によると、木造住宅は4人家族。2階にいた長男から「パソコンから火が出た」と伝えられた女性が水で消火しようとしたが燃え広がったため、中学生の次男とともに避難したという。女性の夫(50)は夜勤で不在だった。

 同署はパソコンが火元の可能性があるとみて、詳しい出火原因を調べる。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング