PR

産経WEST 産経WEST

近畿大の一般入試で出題ミス 化学と日本史、合否に影響なし

Messenger

 近畿大は31日、1月21日と28日に実施した一般入試で出題ミスがあったと発表した。いずれも試験後の予備校による外部検証で発覚。近大は受験者全員を正解としたが、合否判定に影響はないという。

 ミスがあったのは、1月21日実施の医学部一般入試の「化学」と、28日実施の法学部などを対象とした一般入試の「日本史」の設問。化学のオリゴ糖の構成に関する設問では、提示された注釈が不十分だったことが判明した。また、できごとと難波宮など歴史上の都(みやこ)との組み合わせを選ぶ日本史の設問では、記載されていた選択肢に正解がなかった。

 近大は「受験生や関係各位にご迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げる。チェック体制を強化し、再発防止に努める」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ