産経WEST

22年前、夫の頭部刺し殺害容疑…78歳女を逮捕 愛知・豊川 「不満があった」と供述

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


22年前、夫の頭部刺し殺害容疑…78歳女を逮捕 愛知・豊川 「不満があった」と供述

 22年前に愛知県豊川市内の当時の自宅で、59歳だった夫の無職、小池尭(たかし)さんを殺害したとして、愛知県警捜査1課は31日、殺人の疑いで、妻の無職、浅江容疑者(78)を逮捕し、豊川署に捜査本部を設置した。捜査本部によると、「夫に対する不満があった」と供述しているという。

 逮捕容疑は平成8年3月20日ごろ、豊川市牛久保駅通の自宅で、小池さんの頭部を包丁で突き刺すなどして殺害したとしている。

 昨年1月22日に浅江容疑者が「夫の死体が家の中にある」と豊川署に通報し自首した。豊川署が木造平屋建ての自宅を捜索したところ、和室の押し入れからほぼ白骨化した小池さんの遺体が見つかった。司法解剖の結果、死因は頭部を十数カ所、刺したり切られたりした出血性ショックと判明した。

 県警に対し、小池さんに関する行方不明の届けはなかったという。浅江容疑者は当時、小池さんと2人暮らしだった。自首後に転居し、現在は別の場所に長男と2人で住んでいる。

 22年に改正刑事訴訟法が施行され、殺人罪などの公訴時効が撤廃されている。

 当時の自宅近くに住む80代女性は、小池さんの所在が分からなくなる前、夜遅くに言い争う声を聞いたことがあったという。70代女性は同容疑者が「『旦那がノイローゼになり行方不明になった』と近所の人に触れ回っていた」と話した。

「産経WEST」のランキング