産経WEST

C1後継・C2輸送機、任務飛行開始 鳥取・空自美保基地

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


C1後継・C2輸送機、任務飛行開始 鳥取・空自美保基地

任務飛行に向かうC2輸送機と航空自衛隊員=31日午前、鳥取県境港市 任務飛行に向かうC2輸送機と航空自衛隊員=31日午前、鳥取県境港市

 鳥取県境港市の航空自衛隊美保基地に昨年3月に配備され、運用試験をしていたC2輸送機が31日、任務飛行を開始した。基地によると、硫黄島(東京都小笠原村)での戦没者遺骨収集関連の人員輸送で、埼玉県狭山市の空自入間基地を経由して現地へ飛行。

 美保基地に配備されている4機のうち1機が担当し、飛行に先立って北村靖二基地司令が乗組員に「安全を第一に、確実な任務遂行を」と訓示。滑走路脇では約300人の隊員が整列し、初の任務飛行を見送った。

 C2は昨年6月、同基地が米子空港と共用する滑走路で訓練中、ハンドルやブレーキが操作できなくなり、滑走路を外れて草地に突っ込む事故を起こしている。老朽化が進むC1の後継機。

「産経WEST」のランキング