産経WEST

大阪・ミナミの歴史建築「高島屋東別館」がホテルに 外資に運営委託

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪・ミナミの歴史建築「高島屋東別館」がホテルに 外資に運営委託

改装工事前の高島屋東別館 改装工事前の高島屋東別館

 高島屋は30日、昭和初期の歴史的建築物として知られ改装中の「高島屋東別館」(大阪市浪速区)で、家電やキッチンを備えた滞在型のホテルを2019年冬に開業すると発表した。

 シンガポールの不動産大手の傘下企業に施設を貸し、運営を委託する。ホテルは300室以上の客室を備え、「シタディーン」のブランドで営業する。訪日外国人客に人気の黒門市場や電気街などに近く、観光客のほかビジネス客の宿泊も見込む。

 高島屋東別館は1937年に松坂屋大阪店として建てられ、69年に高島屋が取得した。アールデコ調の建物で、路面に沿って続くアーケード部分や、植物の葉をモチーフにした内装が特徴。改装後の建物には商業施設や休館中の高島屋史料館も入居する。

このニュースの写真

  • 大阪・ミナミの歴史建築「高島屋東別館」がホテルに 外資に運営委託

「産経WEST」のランキング