産経WEST

【愛媛「正論」懇話会】「アベック失踪」報道から長年、北の拉致報じなかった他メディア、「虚報」の批判も…スクープの阿部氏「国内の問題でもある」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【愛媛「正論」懇話会】
「アベック失踪」報道から長年、北の拉致報じなかった他メディア、「虚報」の批判も…スクープの阿部氏「国内の問題でもある」

拉致報道について講演する阿部雅美氏=25日、松山市 拉致報道について講演する阿部雅美氏=25日、松山市

 松山全日空ホテル(松山市)で25日に開かれた愛媛「正論」懇話会の第52回講演会は、北朝鮮による日本人拉致事件をスクープし、新聞協会賞を受賞した元産経新聞記者、阿部雅美氏が「拉致取材40年を振り返って」のテーマで話した。阿部氏は産経新聞で「40年目の検証 私の拉致取材」を連載中。熱のこもった講演に参加者は真剣な表情で聴き入っていた。

昭和55年 「地上の楽園」北批判は“タブー”だった…

 阿部氏は拉致事件がまったく世の中に知られていなかった昭和55年、「アベック3組の失踪」を報じ、外国情報機関の関与を示唆した。北朝鮮が「地上の楽園」と宣伝され、批判がタブーに近かったころ。ムードやイメージに左右されることなく、事実を冷静に見つめて判断する報道姿勢の大切さを強調した。

 「拉致問題は北朝鮮の問題だが、国内の問題、日本社会全体の問題でもある」と鋭く指摘した阿部氏は「平成9年の横田めぐみさん(53)=拉致当時(13)=の拉致疑惑で初めて知ったという人が一番多い。昭和55年の最初の報道から17年経っている。これだけの重大事で、国民の認知時期に大きな差があること自体が問題だ」と力説した。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング