産経WEST

【動画・大阪国際女子マラソン】初マラソン、松田瑞生が優勝 2時間22分44秒の好記録 「大阪の地で輝けてよかった」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画・大阪国際女子マラソン】
初マラソン、松田瑞生が優勝 2時間22分44秒の好記録 「大阪の地で輝けてよかった」

1位でゴールし母の明美さんとポーズを決める松田瑞生=28日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(彦野公太朗撮影) 1位でゴールし母の明美さんとポーズを決める松田瑞生=28日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(彦野公太朗撮影)

 2020年東京五輪の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」への出場資格を懸けた「第37回大阪国際女子マラソン」(日本陸上競技連盟、産経新聞社、関西テレビ放送など主催、奥村組協賛)が28日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居を発着点とする42・195キロのコースで行われ、昨年の1万メートル日本女王で初マラソンの22歳、松田瑞生(みずき)=ダイハツ=が2時間22分44秒の好タイムで優勝した。

 22歳の「浪速の腹筋女王」はテープを切ると、笑顔でガッツポーズ。母親の明美さんと抱きしめ合って喜びをかみしめた。優勝インタビューで松田は「監督から30キロまではがまんしろといわれた。最後は大阪の地で輝けて良かった」と話した。

 大阪国際での初マラソンの優勝は2001年大会の渋井陽子(三井海上、現三井住友海上)以来。前田穂南(ほなみ)(21)=天満屋=が2時間23分48秒で2位、3位には昨夏の世界選手権(ロンドン)マラソン代表の安藤友香(ゆか)(23)=スズキ浜松AC=が2時間27分37秒で入った。

 レースは気温5度、湿度49パーセント、北西の風1・2メートル、曇りの条件でスタート。ペースメーカーは5キロ17分~同10秒のスピードで中間点を過ぎるまで先導した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 初マラソン、松田瑞生が優勝 2時間22分44秒の好記録 「大阪の地で輝けてよかった」
  • 初マラソン、松田瑞生が優勝 2時間22分44秒の好記録 「大阪の地で輝けてよかった」
  • 初マラソン、松田瑞生が優勝 2時間22分44秒の好記録 「大阪の地で輝けてよかった」
  • 初マラソン、松田瑞生が優勝 2時間22分44秒の好記録 「大阪の地で輝けてよかった」

「産経WEST」のランキング