産経WEST

【大阪国際女子マラソン 速報(1)】気温5度、曇りのコンディションで号砲 1キロは3分27秒で通過 「静の安藤友香と動の松田瑞生の戦い」と解説者の増田明美さん

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪国際女子マラソン 速報(1)】
気温5度、曇りのコンディションで号砲 1キロは3分27秒で通過 「静の安藤友香と動の松田瑞生の戦い」と解説者の増田明美さん

 2020年東京五輪のマラソン代表選考会への出場権が懸かる「第37回大阪国際女子マラソン」が午後0時10分、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)をスタートした。気温5度、湿度49%、曇りで微風のコンディション。ペースメーカーが先頭集団を引っ張り、昨年夏の世界選手権(ロンドン)代表で日本歴代4位の2時間21分36秒の自己記録を持つ安藤友香(スズキ浜松AC)、同世界選手権1万メートル代表で、今回が初マラソンとなる松田瑞生(ダイハツ)らがトラックを2周してスタジアムを飛び出した。

一斉にスタートする選手たち=28日、ヤンマースタジアム長居(恵守乾撮影) 一斉にスタートする選手たち=28日、ヤンマースタジアム長居(恵守乾撮影)

 1キロ地点は3分27秒とまずまずのペース。先頭集団には招待選手の前田穂南(天満屋)、ユーニス・ジェプトゥー(ケニア)、フェイサ・ロビ(エチオピア)ら有力選手が含まれている。

 解説者の増田明美さんは「忍者走り」安藤と「浪速の腹筋女王」松田に注目。「静の安藤と動の松田との戦い」と評している。(記録は速報値)

このニュースの写真

  • 気温5度、曇りのコンディションで号砲 1キロは3分27秒で通過 「静の安藤友香と動の松田瑞生の戦い」と解説者の増田明美さん
  • 気温5度、曇りのコンディションで号砲 1キロは3分27秒で通過 「静の安藤友香と動の松田瑞生の戦い」と解説者の増田明美さん

関連ニュース

「産経WEST」のランキング