産経WEST

【大阪国際女子マラソン】林和佳奈「第2のイモト」目指して 現役ラストラン、春からタレント養成所と新聞配達掛け持ち 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪国際女子マラソン】
林和佳奈「第2のイモト」目指して 現役ラストラン、春からタレント養成所と新聞配達掛け持ち 

笑顔でポーズをとる林さん。目指すは「走れる芸能人」だ(沢野貴信撮影) 笑顔でポーズをとる林さん。目指すは「走れる芸能人」だ(沢野貴信撮影)

 「走れる芸能人」として2020年東京五輪に関わることを夢見る異色のランナーがいる。28日午後0時10分にスタートする「第37回大阪国際女子マラソン」(産経新聞社など主催、奥村組協賛)に出場する大阪学院大4年生の林和佳奈選手(22)。タレントのイモトアヤコさんに憧れる「愛されキャラクター」で、大学卒業後は上京して新聞配達員をしながら同じ道を目指す。(坂井朝彦)

 京都府出身。3つ違いの兄の影響で中学時代に陸上を始め、奈良育英高から大院大へ。身長153センチの小さな体で、一昨年10月の札幌マラソン女子ハーフの部を制した。初のフルマラソンだった昨年1月の大阪国際は2時間42分5秒で30位と健闘。「先頭集団の走りを見て、かっこいいなと心底思いました」と振り返る。

一昨年、オーディションを突破

 一昨年に大手芸能事務所「ワタナベエンターテインメント」が運営するタレント養成所のオーディションを突破した。テレビ制作の関係者からは話術などが高く評価されたが、思い悩んだ末に学業と競技を継続。その後、4年生になって再び挑戦して合格した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 林和佳奈「第2のイモト」目指して 現役ラストラン、春からタレント養成所と新聞配達掛け持ち 
  • 林和佳奈「第2のイモト」目指して 現役ラストラン、春からタレント養成所と新聞配達掛け持ち 

「産経WEST」のランキング